いわかける! -Sport Climbing Girls-
第3壁「猿(ましら)返しの岩」を視聴。

今回初めて、部活としての通常練習シーンが。
実質的な本編スタートという趣。

競技の実践論、好の高いオブザベ力は競技でどの様な意味をもつ資質であるか等にも触れられる。面白い。
準ちゃんと仲良くなり、互いによい影響を与え合っている。微笑ましい。

冒頭は子安のナレーションで吹いたw
annict.jp/works/7492/episodes/

Go!プリンセスプリキュア
第44話「湧き上がる想い!みなみの本当のキモチ!」を視聴。

本日の夜実況。
この回を含めた前後編も、実はマーメイドの誕生日に観たばかり。

みなみは迷っていたというより、新しい夢への決心がついてなかった様だ。こんな時に傍にいるのは、いつもならばみなみを一番慕っているはるかであるところ、きららが力になろうとする。
この、みなみときららの海辺のシーンがすごい良シーン。不器用なところもあるきららが、みなみの夢を精一杯応援する。みなみの悩みがどんなものだっ…
annict.jp/works/4274/episodes/

ヒーリングっど♥プリキュア
第30話「キャラがバラバラ?動物園の休日」を視聴。

プリキュアそれぞれに個性があり、だからこそチーム。
まだメンバーがふたりしか居なかった頃の作品「ふたりはプリキュア Splash☆Star チクタク危機一髪!」に「だからプリキュアは、ふたりなの!」という伝説的な台詞があり、この回も同じ価値を扱っていると思われる。

それはプリキュアの根幹のひとつと言っていい、普遍的な価値である。
改めて取り上げるからには必ず意味があるはずと考えるが、正直…
annict.jp/works/7164/episodes/

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 (2020年版) 第4話「魔王ハドラーの復活」を視聴。 (ネタバレ) 

先の展開のネタバレ要素あり。

原作からオミットされた要素は見当たらず。
まだ未熟なダイがヒャドを使う、独自のシーンがよいと思った。

ハドラーを「大魔王の使い魔」と煽るアバン。沸点が低く、メンタルが未熟な魔王改め魔軍司令が愛らしい。
このメンタルの弱さからハドラーは失態を重ねることになるが、大魔王はそれを予見していた節がある。アバンの弟子の育成を「学芸会」と呼んだハドラーだが、ハドラ…
annict.jp/works/7208/episodes/

魔女の旅々 第4話「民なき国の王女」を視聴。 (ネタバレ) 

ネタバレ指定。

「民なき国の王女」と、街を破壊する魔物ジャヴァリエ。
不可解な舞台設定、そこで為すべきことだけが手紙に書かれている。王女は何もおぼえていない。永井豪「真夜中の戦士」を思い出した。

前回に続き、またもや毒々しいエピソードw
イレイナと、その師匠フラン。そして今回のミラロゼ。彼女らの共通点から、この世界での「魔女」観がおぼろげながら見えてきた気がする。

以前の回で…
annict.jp/works/7050/episodes/

いわかける! -Sport Climbing Girls-
第2壁「自分を信じて」を視聴。

録画をわすれ、dアニで慌てて視聴。
真面目ちゃんの準が、的確な助言をくれる。一度仲間と認めた相手には親身になってくれる、クールだが熱い子だ。
熱いといえば「クライミングプリンセス」等、おかしな二つ名をもったクライマーが続々登場するw この熱さは、漫画的なわかりやすい面白さ。

落ちゲー等のパズル的な能力がクライマーとしてのベースになっているというキャラづくり、現実にあり得るのかはわからない…
annict.jp/works/7492/episodes/

フレッシュプリキュア!
第16話「恐怖の文化祭!夜の学校に響く足音!!」を視聴。

本日の朝実況。

大輔の良いところも悪いところもよくわかっているラブ。
互いを思いやる夫婦のようなふたり。まさに「あまずっぺえ」
お前らなんで付き合ってないのw

トリニティとインフィニティを聞き誤る西さん。
というよりここは、インフィニティが何かを部下に説明をしていない、メビウスのほうがアホ。

自分だけキュアスティックを持たず、その為にナケワメーケを仕留められなかったことに焦…
annict.jp/works/1909/episodes/

トニカクカワイイ
第4話「約束」を視聴。

「令呪の命令」
「わたしがもしラムちゃんだったら」

前回からの懸案だった、プロポーズがラスト。
お互いの気持ちはわかり切ってる?案外そうでもない。
言葉にして伝えるの大事。
annict.jp/works/7379/episodes/

Go!プリンセスプリキュア
第43話「一番星のきらら!夢きらめくステージへ!」を視聴。

本日の夜実況。

この回も、先日のきららの誕生日に観たばかりの回。
感想はそうそう変わらない。思っていた以上にこの、きらら最後の当番回が好きだった自分に気付いただけ。

先代は3人だが、城は4つ。
第4のパフュームの後に、対応する城も造られたのだろうなと想像。その第4のパフュームも、炎の城にあったものだし。
今回はそのぐらい。
annict.jp/works/4274/episodes/

Show more
美食丼ステージング

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!